Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

人権の日、G8の指導者らに向けての緊急行動のお願い

2010/12/08 Check

劉暁波(りゅうぎょうは)氏- 苦難と希望のストーリー

・チベットの英雄たちを解放してください。

http://org2.democracyinaction.org/dia/track.jsp?v=2&c=PqauD3wb1X7WGR6Rvncg29AsVLWgVU6H

人権デーの行動を準備しました。このアクションは、上記のリンクから氏名、メールアドレスとドロップタブから国名を選んで署名すると、自動的にG8の国々(+EU、インド、オーストラリア)の首脳に向けて以下に和訳された内容のメッセージを、メールまたはファックスで送るものです。

または日本の菅首相にあてて以下の例文を参考に、要請してください。

 

アメリカ Barack Obama大統領 White House
イギリス David Cameron 首相
ドイツ Dr Angela Merkel首相
フランス M. Nicolas Sarkozy大統領
ロシアDmitry Medvedev大統領
インド Dr Manmohan Singh首相
カナダ Stephen Harper 首相 Fax:(613) 941 6900
日本  Naoto Kan首相 宛先 https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

【 要請の趣旨と背景】

中国の文学批評家、作家、教授、活動家、そして長年にわたるチベット人民の支援者である劉暁波(りゅうぎょうは)氏は、「中国における基本的人権を求める長年の非暴力による戦い」を評価されて、ノーベル賞委員会からノーベル平和賞が与えられた。
中国在住の人間としては初めてのノーベル平和賞受賞者である、劉暁波(りゅうぎょうは)氏は、現在「国家転覆を扇動した」として11年の刑で服役中である。
彼は、2009年12月に始まる服役の直前、「最後の宣言」を発表した。
そこには、こう書かれていた。

「私は祖国が表現の自由を持つ大地になることを望む。そこではすべての
市民の意見が公平に扱われ、価値観、思想、信条、政治的意見…、どれも
お互いに競い合い、共に平和のうちに共存し、特に、権力を持つ者とは違
う、政治的意見が完全に尊重され、護られる。そこではすべての政治的意
見が、選ぶ人々の前に白日の下にさらされる。すべての市民は恐れること
なく政治的意見を発表することが出来、そして決して「異論」を唱えたが
ゆえに、政治的に罰せられることがない。私は中国の文学への終わりなき
検閲の最後の犠牲者になることを望む。そしてこの後、誰も自分の表現の
ゆえに投獄されないようになることを望むのだ」

何千人もの投獄者(チベット人もいれば中国人もいる)が、自分の意見を言葉にしたために、今もなお長い刑に服して獄につながれている。そのなかにはチベット人映画製作者のDhondup Wangchen、チベット遊牧民Runggye Adak 有名なチベット人宗教社会指導者Tenzin Delek Rinpoche
もいる。劉暁波氏のノーベル平和賞受賞を祝うと共に、私たちは国際社会が団結して、中国政府に対して強い立場をとることを、氏と中国人民とチベット人民と共に訴える。

以下の例文を参考に、菅首相にあてて要請してください。

宛先  https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

日本国内閣総理大臣 菅 直人様

前略、劉暁波氏のノーベル平和賞受賞というこの偉大な機会に、あなたに行動をお願いするためにこれを記します。氏は現在11年の刑を受け服役中です。

その理由とは、人権、民主主義的改革、そして中国における共産党の一党政治を止めることへの、自身の意見を述べたことに依るものです。彼は中国とチベットの多くの政治囚と同じく、世界中のすべての人々の願いである基本的人権と、自由に生きたいという欲求を表現しただけなのです。

劉暁波氏に平和賞を与えるという、ノーベル委員会の原則にのっとった決定によって、委員会はモラルを持った指導力と政治的勇気がこの時代に必要なのだと世界に向けて示しました。

私たちは、チベットサポーターは、G8を構成する世界の首脳の皆様に、中国政府に対して、中国の政治と人権の改善に向けての取り組みを促し、中国政府に対し、この為の有意義な一歩を直ちに踏み出すよう提言することを求めます。

また入獄中の劉暁波氏とすべての、英雄的中国人、チベット人の即時の解放を求めることを併せて求めます。

Tags: , , , ,