Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

パンチェン・ラマを返してください!

2011/05/09 Check

missing panchen Lama jp

パンチェン・ラマを返してください!

「パンチェン・ラマはどこに?」このポスターはクリックするとダウンロードできます。どうぞ、プリントして街頭ビラとしてご活用ください。

ゲンドゥン・チューキ・ニーマ、チベットのパンチェン ラマ11世は、16年近く行方不明です。

1995年5月、パンチェン・ラマ11世として転生者(生まれ変わり)を公式に承認された数ヶ月後に、中国当局によって拉致されて以降、消息が不明です。ゲンドゥンはその時、たった6才でした。今年2011年4月25日で22歳の誕生日を迎えた彼は、当局の拘束下で15回目の誕生日を向かえたことになります。以下は国際チベットネットワークに参加する複数の団体が運営する、Free the Panchen Lamaサイトの要請文です。同意される方は署名にご協力下さい!

署名する:http://org2.democracyinaction.org/o/5380/p/dia/action/public/?action_KEY=6462

要請文(英語)の下のボックスにメールアドレスを記入するだけで簡単に署名することができます。

中国共産党中央統一戦線工作部、杜青林部長に宛てた署名アクション

中国共産党中央統一戦線工作部、杜青林部長

ゲンドゥン・チューキ ・ニーマ、パンチェン・ラマ11世とその家族は16年間、行方不明のままです。今年、パンチェン・ラマは22歳の誕生日を迎えられました。チベット人とその支援者、そして世界中の仏教徒は彼の消息について深い関心を寄せています。

2010年3月、中国政府の任命したチベット自治区、Padma Choling知事は「ゲンドゥン チューキ ニーマと彼の家族はチベットで普通の民として暮らしている」(1)と発言しています。証拠に裏付けされない発言は意味をもちません。この発言が真実であることを証明してくれるよう要請します。

国連拷問禁止委員会、国連子供の権利委員会、信教と宗教の自由に関する調査官ら、複数の国際人権機関からパンチェン・ラマの消息を明らかにするように再三の要請がありました。

私達は以下に連名で中国政府に対しパンチェン・ラマの消息情報を極秘扱いとすることを速やかにとりやめ、彼と彼の家族の居場所を公表し、先出の発言の真偽を証明するよう要請します。

(1). Padma Choling, Chairman of the Tibet Autonomous Region: ‘Dalai-picked ‘Panchen’ Lives Normal Life’ (Xinhua) 2010-03-07 http://www.chinadaily.com.cn/china/2010-03/07/content_9550348.htm

 

パンチェン・ラマ6歳(拉致時)から22歳(現在)まで
 

在英アーティストが法医学専門家と協力して6歳の時のパンチェン・ラマの写真を元に、現在の歳までの変化を写真作成することに成功しました。ここには、私達が未だ見ることのできない、とても、高貴な青年の顔があります。
Free Panchen Lama ! パンチェン・ラマを返してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Tags: , , , ,