Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Archive for 11月, 2009

チべット人作家5年の懲役

木 ,26/11/2009

グンガ・ツァンヤン

チべット人作家クンガ ツァンヤンに5年の懲役が言い渡される。

2009年11月19日

ダラムサラ発;チベットからの情報によるとチベット人作家兼写真家のクンガ ツァンヤンが“国家機密を漏洩した”罪に問われ5年の禁固刑を言い渡されたことを、チベット人権民主化センターが発表しました。11月12日、甘肃省、甘南チベット族自治州 カニホ(甘南)中級人民法院で行われた秘密裁判の判決で5年の禁固刑判決を言い渡された証言情報が確認されたことを先出のチベットの人権をモニターしているNGOが発表。

http://www.tchrd.org/press/2009/pr20091119.html

クンガ ツァンヤンはアムドにあるタシキル僧院の僧侶でもあり、当初3月12日に“チベットに関する政治的な文章を発表した”罪で逮捕されていました。

“雪の国の太陽”(チベット語でGang-Nyi)のペンネームをもつ

クンガ氏はチベット人新世代の記録者であり、

情熱的な作家、エッセイスト、アマチュア フォトグラァーと先出のチベット民主人権団体は彼を紹介しています。

クンガ氏は青海省のゴログ・チベット族自治州チグドリル県の出身で、チベット中を旅しながらチベット高原の環境破壊の状態を写真に収め記録していました。Nyenpo Yutsae kyekham 環境保護団体に属しながら、“誰が本当の分裂主義なのか?”、“「安定」を破壊しているのは誰だ”や“抗議行動の真の首謀者は誰だ?”と言った数々のチベットについて大変勇敢で、感動的なエッセイを発表しています。

先出の人権団体によるとこの地区での昨年の大規模な抗議行動が起こって以来 甘肃省、ラブラン僧院のクンガ氏は中国当局の監視下にあったとされ、彼の家族や友人らは先週の裁判まで,彼の消息を全く知らされていなかったことを報告しています。

中国政府は“国家機密”の 起訴内容を明らかにする必要がなく,“国家機密”に関する法律や規則は、共産党の管理する政府機関と公安が一緒になって施行し、“国家機密”を漏洩または入手したとして、犯罪として立証する不透明なシステムを作り上げています。

中国の人権を監視する団体 Human Rights in Chinaの発表では、政府の癒着から来る秘密管理と、公的な国家機密管理とで、中国共産党指導者らにとって都合の良い情報が国家機密と見なされ、必要に応じて、すでに公開されている情報でも、流布を止めることができます。国家機密法と規則は、その内容により一般に開示されておらず犯罪に問われた場合、その個人が違反した内容を知ることは非常に難しく、中国首脳陣の呼ぶ所の“協調性のある社会”とは、批判の声を発する者は厳重に取り締まられるという管理社会を指す。 以下のリンクはHuman Rights in Chinaの2007年6月12日の報告書; ‘国家機密:,’中国の法的迷路http://hrichina.org/public/contents/press?revision%5fid=41505&item%5fid=41500)

2008年3月以降チベットで起きた抗議行動に付いて声を挙げる者を黙らせるため中国政府は取り締まりを強化しており、取締りの際に起きている拷問、蒸発、殺害などの隠蔽行為を強化させています。

クンガ ツァンヤン氏、クンチョック ツェペル氏ら政治囚は、米国オバマ大統領訪中の直前に判決を受けており、中国はチベット文化や宗教に対する取締りを、確実に強化させています。現在ではチベット人のアイデンティティーに関する表現はほぼ「反動主義者」や 「分裂主義者」のレッテルを貼られ長期にわたる懲役または,それ以上の刑に問われます。チベット人文化人、作家やブロガーで、現状に対して自己の意見を表現する者は以前より高い危険を伴い、“蒸発“したり長期に渡る禁固刑を言い渡されている報告が寄せられています。

緊急行動要請:ドンドゥプ・ワンチェン世界一斉行動

月 ,23/11/2009

main以下はドンドゥプ・ワンチェンの釈放を求める手紙のひな形です。先日のニューヨーク タイムズ掲載「ドンドゥプ・ワンチェン獄中からの手紙」にあるようにドンドゥプ・ワンチェン自身による報告から、彼の裁判はもう始まっていることがわかりました。 
先日チベットで起きた処刑執行を考慮すると、これまで以上に緊急を要する状態です。どうぞ、皆様からも、事態の緊急性を訴えてください。

(さらに…)

チベット第3極圏 (気候変動について)

金 ,20/11/2009

www.tibetthirdpole.org

中国政府の政策が世界の屋根を危険に陥れています。

北極と南極の次に地球最大の雪と氷の貯蔵庫、チベットは私達の地球の(北極圏、南極圏に続く)第3極圏であり、アジアの主要河川の源です。
地球規模の環境変動の中において、チベット、中国そして、アジア諸国にとって手遅れになる前に、チベットの人々は自分たちの土地を守るための主導権を取り戻すことを望んでいます。
チベット高原の温暖化は地球上の他の地域に比べて2倍の速度で進んおり、チベットの200万人の遊牧民に直接影響しているだけではなく、下流に暮らすアジアの何億という人々に、影響を与えています。
中国政府の都市化政策や、巨大規模のインフラ政策はチベットの高度の高い、大変壊れやすい自然環境を傷つけるだけではなく、世界中にもまれで希少価値となった継続可能な牧畜のあり方を絶滅に追いやっています。チベットの大半は草原で覆われており、チベット人遊牧民の手によって何世紀にも渡り、チベット高原の厳しい環境に独自にあわせた継続可能な方法で守られて来ました。

現在、中国政府は遊牧民の暮らす土地から彼等を強制撤去後、市街地に定住させることによって、彼等の生活の糧を取り上げ、世界の屋根と呼ばれるチベットの放牧地を危険にさらしています。
これらは土地の砂漠化や地球温暖化の悪化の要因となります。環境変動の時代において、チベット人による何世紀にも渡り守られて来た自然環境保護の知恵は、チベット高原やその生態系を修復し管理するために、あらゆる角度からの参加が求められます。チベット人の土地の剥奪については中国政府による、言論統制のため、多くの人々に知らされていません。今回、コペンハーゲンのCOP15会場で、チベット人とチベットの遊牧民達は、中国支配下のもとで、言論と主張の自由がないチベットに暮らす同胞のために、発言します。

(さらに…)

ローマ発;第5回チベットのための国際議員会議

木 ,19/11/2009

第5回チベットに関する世界議員大会の詳細はダライラマ法王日本代表部事務所の以下のページでも報告されています。合わせてご覧下さい。

ローマ宣言とチベット

ローマ発、イタリア、超党派チベット支援議員団体によるプレスリリース

第5回チベットのための国際議員会議

2009年11月18−19日 ローマ

コンタクト;e-mail: intergruppo.tibet@camera.it Via Uffici del Vicario, 9 – 00186, Roma 電話 (+39) 06-67609927 06-67608295 ファックス: (+39) 06-67604400

ダライ・ラマを支援するイタリア国会議員連盟による公開書簡

チベットの最高指導者 ローマに到着

(さらに…)

ドンドゥプ・ワンチェン救出嘆願

金 ,06/11/2009

救出嘆願オバマ署名に、ご協力下さい!ドンドゥプ・ワンチェン

ITSNによる政治囚キャンペーンサイト「フリーチベタン ヒーローズ!」に新しくドンドゥプ・ワンチェンの救出について、訪中を2週間後にひかえるオバマ大統領に送る署名運動が、できあがりました。

氏名とメールを入力するだけで、自動的に以下の内容の嘆願書が、ホワイトハウスのオバマ大統領に送られます。どうぞ、ご協力下さい!手紙はページに明記されたファックス番号からでも、お送り頂けます。

>>オバマ大統領宛て署名運動のページ

このアクションは世界各国で同時に行われ、ドンドゥプ・ワンチェン釈放要請の声を最大限にし、オバマ大統領と、各国政府機関を通して中国政府に届けようというものです。

携帯から署名ページに飛べない方はこちらから: フリーチベタン ヒーローズ!ウェブサイトのTake Actionをクリック

オバマ大統領への嘆願署名の日本語訳

中国により2008年に平和的に表現の自由を行使した結果、逮捕されたチベット人映画制作者ドンドゥプ・ワンチェンの釈放を求める要請をしていただきたく、手紙を差し上げます。

ドンドゥプ・ワンチェン(中国語ピンイン表記Dunzhu Wangqin;中国語名 当知項欠)はチベットで2008年3月26日に北京五輪やダライラマ、チベットにおける中国政府の政策等について一般チベット人のインタビューを撮影し、逮捕されてました。
先日、 獄中にあるドンドゥプ・ワンチェンによって書かれた手紙を、密かに(国外に)持ち出されたものを、 彼の家族が受け取り、それによって彼の裁判が開始されたことがわかりました。
「私の裁判はすでに始まっている。
知らせたい良いニュースは何もない。
刑期が何年になるかまだ判らない。」
もし有罪判決が出されれば、ドンドゥプ・ワンチェンは重刑を受けることになるかもしれません。国際社会の度重なる要請にも関わらず中国政府はドンドゥプ・ワンチェンの裁判に際し第3者の傍聴を許可しませんでした。重ねて、彼の家族が弁護を依頼した北京の弁護士との接見も禁止されており、ドンドゥプ・ワンチェンに対する司法処置について心配がよせられています。
今回の訪中がドンドゥプ・ワンチェンを救うために大変重要な時期と重なったことで、中国首脳陣に対して、(彼を救出するために)必要な圧力を行使する機会に恵まれた大統領に、以下のようにお願いいたします。

-国連の世界人権宣言で保証される表現の自由を平和的に行使したのみの”犯罪”に問われている ドンドゥプ・ワンチェン の即時釈放 。

-ドンドゥプ・ワンチェンの起訴内容と裁判の状態を含む、全ての情報の公開。

-ドンドゥプ・ワンチェン の裁判に傍聴人を許可するとこと、彼の裁判が中国の憲法に守られた公開された完全な裁判であることを保証する。そして彼の選んだ弁護士の弁護が受けられるよう保証する。