Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Archive for 1月, 2010

テンジン デレグ リンポチェ 釈放要請

土 ,23/01/2010

テンジンデレグリンポチェの新しい署名アクションが政治囚キャンペーンサイトthe Free Tibetan Heroesにて公開されました。

このオンライン署名アクションでは、署名をすると記載した署名の横に、赤い朱肉による拇印を真似たデザインが表れます。

これはチベットのリテンでテンジンデレグリンポチェの再審を求めて、現地チベット人4万人が署名した嘆願書を真似ています。本土のチベット人の必死の行動を応援するために,3月10日までに同数の4万の署名を集めるアクションにご協力ください。

(さらに…)

Stop Torture in Tibet 「チベット拷問撲滅!」

火 ,12/01/2010

イギリス:フリー チベットからSTOP TORTURE IN TIBET 「チベット拷問撲滅!」キャンペーン発信

新たに作動した、このサイトではチベットで日常的に行われているチベット人に対する“拷問”の使用について焦点をあてます。

チベット人僧侶、尼僧や一般市民の壮絶な証言をDominic West やAlan Rickmanといった錚々たるイギリス演劇界を代表する舞台、映画やTVでおなじみの俳優達が、朗読します。

http://www.freetibet.org/pages/vid.html

役者の魂は『語りべ:ストーリーテリング』として、最後の“Give Tibetan Their Voice Back, Stop Torture. Free Tibet”(チベット人の声を返せ。拷問をやめろ。チベットに自由を!)まで,一気に、中国支配者の非道な行為と、拷問体験者である一人のチベット人の肉声を生々しく、再現してくれます。

チベット人証言者についてはこちらでご覧頂けます。

http://www.freetibet.org/pages/surv.html

クイズ式になった「拷問とは」のページでは如何に中国支配下のチベットで、拷問が日常的に行われているかを、国連調査資料でどう表現しているか?やどのような拷問が行われているか?一体拷問とはなにをさすのか?また、中国の法律では、どうなっているのか?などを詳しく説明してくれます。

http://www.freetibet.org/pages/kf.html

“テイク アクション”のページでは以下のチベット人に対する拷問について具体的な行動を紹介します。

1;フリーチベットに参加する

2;チベットの拷問の事実について世界中の人々の口に上がるようサイトからビデオを転送したり、紹介したりする

3;自国の中国大使館を通して、以下の要請をする

a)国連拷問禁止委員会を招待する

b)2008年の大規模な抗議行動後、身元のわからない1000名以上のチベット人の詳細をあきらかにする

c)強制的な思想教育や愛国教育をやめる

d)中国の全ての刑事訴訟法で、拷問により入手した自白を無効にする

ここにはイギリスとアメリカの中国大使館の住所と大使の名前が明記されていますが、日本からはこちらです。

駐日、中国大使館

中華人民共和国駐日本国特命全権大使
崔 天 凱大使

住所:〒106―0046
東京都港区元麻布3―4―33
代表電話: 03-3403-3388
オペレーター:内線8100

メールアドレス:info@china-embassy.or.jp

地方の駐日 中国総領事館のご案内はこちらから

http://osaka.china-consulate.org/jpn/

ドゥンドゥップ・ワンチェン: 家族の声

金 ,08/01/2010

プレスリリース

チベット人映画制作者ドゥンドゥップ・ワンチェン6年の刑を宣告される

ドゥンドゥップ・ワンチェンは自身の望む司法弁護士を持つ権利を主張する家族の声

2010年1月6日、スイス チューリッヒ

現在、中国政府により拘束中のチベット人映画制作者ドゥンドゥップ・ワンチェンに6年の懲役刑が、西寧中級法院(青海省省都:西寧)によって言い渡されました。

彼はチベット人の生の声をインタビューした、ドキュメンタリー映画「恐怖を乗り越えて «Leaving Fear Behind» (ジクデル)」の製作後、間もなく逮捕されました。

この判決は2009年12月28日に出たものですが、彼の西寧に住む親族に、裁判についてや判決の内容は、一切知らされていませんでした。信頼出来る情報筋からの報告によると、ドゥンドゥップ・ワンチェンは上訴する予定ですが、上訴申請の期限は1月7日までだという事です。

さらに、ドゥンドゥップ・ワンチェンは司法処置を受けておらず、当初、彼の家族によって雇われた弁護士は中国政府により強制的に弁護を放棄するよう妨害を受けました。

インド ブッダガヤに家族とともに巡礼に出かけている彼の妻、ラモ・ツォは本日こう語りました。「私は西寧の裁判所に対し、夫に本人が選択した弁護士を付けることを許可して頂きたい。私と子どもたちは、かくも長い年月、夫に会うことができなくなることに耐え難さを感じる。

私たちは中国当局に対し、夫を解放することで人間性を示すことを願う。

私の夫は如何なる罪も犯していない。ただ、真実を示そうとしただけなのだ」

「私の従兄弟であるドゥップ・ワンチェンが司法処置もうけられないまま上訴に踏み込まなければならないという事実が、チベット人の人権がいかに中国政府によって踏みにじられているかを証明しています。」と先出の映画「恐怖を乗り越えて «Leaving Fear Behind» (ジクデル)」を共同製作したGyaljong Tsetrinは、語ります。

「加えて、ドゥップ・ワンチェンは、拷問と刑務所の過酷な状況からB型肝炎を患っており、何の医療処置も受けられていないため、病状が非常に心配です。刑務所で6年もの長期間を堪えられるかどうか,大変心配です。」

ドゥップ・ワンチェンは1974年10月17日に、チベット北東部、アムドのBayen, Tsoshar 地区で生まれました。(中国表記;青海省、海東地区Hualong)。

貧しい農民の家族に生まれ、正式な教育は受けていない。若くしてラサとインドへ旅行し、チベットへ帰郷後,チベットの現状を外の世界へ伝える事を固く決心する。

家族の安全確保のために、ドキュメンタリーの撮影開始前の2006年に、妻と4人の子供と一緒にインドへ行き、単身でチベットに戻る。

映画「恐怖を乗り越えて «Leaving Fear Behind» (ジクデル)」は世界30カ国で上映されています。

更に詳しくは、以下のコンタクトまでご連絡下さい。

Gyaljong Tsetrin, +41 764 626 768 (チベット語/中国語)

Lhamo Tso +919817150217 (チベット語)

Wangpo Tethong +41 78 744 30 10 (英語/チベット語)

原文;英語

Media release: Tibetan filmmaker Dhondup Wangchen sentenced to six years’  imprisonment

Dhondup Wangchen needs a legal representative of his own choosing, says family of Dhondup Wangchen

Zurich, 6. January 2010. Dhondup Wangchen, the Tibetan filmmaker who is currently in Chinese detention, has been

sentenced to six years’ imprisonment by the provincial court in Xining (capital of Qinghai province). His arrest in

March 2008 came shortly after completion of filming for his documentary film «Leaving Fear Behind» in which Tibetans

spoke out about their lives in Tibet.

The sentencing took place on 28 December 2009 but his relatives in Xining were neither informed about the trial nor the

verdict. According to reliable information, Dhondup Wangchen will appeal the sentence but the appeal period will expire

on Thursday, 7 January 2010. Furthermore, Dhondup Wangchen has no access to independent legal assistance. The lawyer

originally hired by his family was barred from representing him by the Chinese government.

His wife Lhamo Tso, who is together with her children on pilgrimage in Bodh Gaya/India, said today: «I appeal to the

court in Xining to allow my husband to have a legal representative of his own choosing. My children and I feel

desperate about the prospect of not being able to see him for so many years. We call on the Chinese authorities to show

humanity by releasing him. My husband is not a criminal, he just tried to show the truth.»

«The fact that my cousin Dhondup Wangchen has to enter the appeal process without legal assistance shows how human

rights are trampled upon by the Chinese government in Tibet» said Gyaljong Tsetrin, co-producer of «Leaving Fear

Behind», «I am also greatly concerned about Dhondup Wangchen’s health as he has contracted Hepatitis B through the poor

conditions and torture he has endured in prison and is not receiving medical treatment. I ask myself how he will

survive in prison for six years.»

Dhondup Wangchen was born on 17 October 1974 in Bayen, Tsoshar area of Amdo in northeastern Tibet (Chin: Hualong,

Haidong, Qinghai). He comes from a poor farming family without formal education. As a young man, he travelled to Lhasa

and also to India. After his return to Tibet he was determined to document the true situation in his country and tell

the outside world. Out of concern for his family, he escorted his wife and four children to India in 2006 before

commencing filming the documentary.

«Leaving Fear Behind» has been screened in over 30 countries around the world.

For further information

Gyaljong Tsetrin, +41 764 626 768 (Tibetan/Chinese)

Lhamo Tso +919817150217 (Tibetan)

Wangpo Tethong +41 78 744 30 10 (English/Tibetan)

ドゥンドゥップ・ワンチェン6年の刑を宣告される

木 ,07/01/2010

ドゥンドゥップ・ワンチェンの判決に対し、家族による公式声明が発表
されました。

最新情報とまとめ

政治囚キャンペーンサイト、フリー チベタン ヒーローズ サイトのイントロが、新しくなりました。

チベット人のインタビューで構成されたドキュメンタリー映画を制作して、懲役6年の判決を受けたドゥンドゥップ・ワンチェンのために、以下の緊急メールアクションにご協力下さい。リンク フリーですので、一人でも多くの方にご紹介下さい。 (さらに…)