Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Archive for 7月, 2010

チベットの環境保護運動家3兄弟を救え

金 ,23/07/2010
背景資料;

自然保護運動家に送られる著名なフォードモーター社の環境賞を授賞したリンチェン・サムドップ44歳は2010年7月3日に5年の刑を言い渡されました。

彼の弟、カルマ・サムドップ42歳は著名な考古学者でthe Three Rivers Environmental Protection Group(3河川環境保護団体)の設立者です。
彼は2010年6月24日に15年の刑を宣告され、裁判で拘束中にひどく拷問を受けたと発言しています。

現在、強制労働所で21ヶ月の刑を受けている、彼等の兄弟で障害を持つチメ・ナムギャルは拷問の末、介護なしで歩行することも、食事することもできないと危惧されています。

70歳半ばの彼等の実母は、2人の兄弟を自宅で拘束する際に武装警察により暴打され意識不明となり重傷を負いました。

兄弟の地元であるチャムドのGongo 郡 (中国名: Gongjue)で20名の住民が、兄弟の拘束に反対して北京に嘆願署名を届けたのち、拘束され40日間に渡り尋問と拷問を受けています。
カルマ・サムドップの通訳をしていた中国語話すチベット僧、リンチェン・ドルジェは3月の拘束され現在,消息が解っていません。

タシ・トォップギャル、30代前半のチベット語教師はリンチェン・ドルジェの居場所を探すためにラサに向かったのち 7月5日に警察に拘束されました。

さらに兄弟の2人の従兄弟も逮捕されており、うちの一人ソナム・チョンペル60歳代は18ヶ月の労働を通じた’再教育施設で強制労働に服役中です。

以下、関連報道記事のリンク:

以下は環境保護活動に関わる団体または個人が連名で発表した公開書簡です。

現在、世界各国から連名署名に参加を呼びかけており、署名欄は随時、更新されます。
是非、日本からも署名に、ご賛同ください。
賛同を希望される方はなにとぞ、eliwakamatsu@googlemail.com またはm-kamata@ja2.so-net.ne.jp
まで、ご連絡ください。

リチェンとカルマ・サムドップとチメ・ナムギャルに関する公開書簡


市民社会が、めざましい勢いで形成される中国に大きな影響を与える事件として、
地域の樹林活動や野生動物の保護などの環境保護運動家として知られる3人のチベット人兄弟が投獄されました。

中国国内のみならず国際的に評価される環境保護活動に携わる3兄弟の罪状は、地元チベット自治区のチャムド地方(中国語; Changdu)で絶滅危惧種の密猟を止めようとして、地元当局とぶつかり合いがあったのち、不正に作り上げられたと一般に信じられています。
結果、同地区の環境保護活動は多大な悪影響を受けました。

カルマ・サムドップは15年の刑を言い渡され、リンチェン・サムドップには5年、現在、強制労働所で21ヶ月の判決をうけた兄弟のチメ・ナムギャルと、3名に与えられた刑は中国の刑事訴訟法に違反し、直ちに撤回されるべきです。
兄弟3人全員が拷問を受けたとの報告も届いています。
彼等の70歳半ばの実母は3人兄弟のうちの2人を逮捕するために、警察が当局高官を伴い自宅を訪れた際、暴打を受け意識不明の重傷を受けました。彼等の従兄弟でチベット僧と若いチベット語教師の2名も逮捕され「蒸発」しています。

3兄弟の貴重な人生や、彼等の親族や地域住民の代償に加えて、彼等の投獄は、必要とされる環境保護活動に携わる市民として、チベットと中国にて昨今めざましい勢いで形成されつつある市民社会の概念に対して
非常に悪影響を与えると,私達は考えます。
チベットを第3極点と考え、温暖化が地球上の他の地域に比べ2倍の早さで進み、アジア圏の重要河川のほとんどの源流を抱える事実は国際社会の認識となりつつあります。

さらに、国際社会の認識として各国政府は気候変動に対応するために、NGO、市民社会や地域住民関係者の問題解決関与が必要不可欠だと認めています。バンキムン国連総長はこの点を特に強調しました。
地域住民にとって環境保護のリーダーであり,自然保護の摂理を守ろうとしたこの3兄弟を投獄した中国の行為は、地球規模で環境問題の解決にあたる国際社会のパートナーとして相応しいかどうかが問われます。

環境問題はチベットと中国の共通の関心であり、この件で、中国は環境保護政策の推進を地元住民に示すことのできる機会でした。しかし中国当局は
全く逆の方法をとり、正義を求める代わりに、法と裁判を政治的目的のために使ったことに遺憾の意をおぼえます。

拷問を受け生命に危険が及んでいるチメ・ナムギャルの罪状には” 兄弟であるリンチェンが非合法的な方法で動画資料、生態学、環境と自然資源、チャムド地区の宗教等の情報を3枚のディスクにまとめる作業を手伝った”とあります。
リンチェン・サムドップは慎ましく、そして地域住民に慕われていました。地域でゴミ拾いを呼びかけ、密猟を監視し、何千本もの植林を行っていました。彼の暮らす村は揚子江流域にあり、中国の環境保護活動家からは、その流域に植林することは、流域一帯の環境管理に必要なだけでなく、上流域一帯に影響を及ぼす水質と土壌の管理に必要とされています。
彼の拘束後に発表された中国政府の公式情報の記事の中でも、中国人ジャーナリストは彼の環境活動に対して賞賛し、政府の生態系保護政策を助けていたと述べています。

カルマ・サムドップが15年の刑を宣告された明くる日、彼の妻、ドォッルカ・ツォモは、自身のブログで弁護を担当した2人の中国人弁護士に,深く感謝を述べています。
「中国人、チベット人の違いを越えて、真実と正義のため共に努力をします。弁護を担当してくださった2人の弁護士に、世界中の友人に、
深くお礼を申し上げます。初めからこれまで、一度も一人だと感じたことはありません。」

私達、世界各地の環境保護団体を代表してドォッルカ・ツォモと夫のカルマ・サムドップ、と二人の兄弟リンチェン・サムドップとチメ・ナムギャルにこう伝えたいと考えます。
不正義を正すため彼等の側に立ち、全員の即時釈放を求めます。

以下、連名署名

Environmental Investigation Agency(環境調査局)
Caroline Lucas, Member of the UK Parliament(イギリス国会議員)
Animal Welfare Institute (動物保護機関)
Wildlife Trust of India(ワイルドライフトラスト、インド)
Business in the Community
Tibet Third Pole(チベット第3極点)
Tesi Environmental Awareness Movement


7月6日はダライラマ法王 75歳のお誕生日

木 ,01/07/2010

ダライラマ法王のお誕生日を迎えるにあたり、世界のあちこちで様々なイベントが企画されています。

世界中のチベット支援団体で構成されるITSN(インターナショナル・チベット支援ネットワーク)では、お誕生日の特別なお祝いとして、ダライラマ法王・胡錦濤主席会談を実現させてくれるよう、世界で最も影響力のあるG8リーダー(欧州議長を含む)に要請するアクションを作動させています。

両者の会談が実現することにより、チベットの将来に関する現実的な協議の進展をはかる意図がある大変重要な意味を持つアクションに、是非ご協力ください。

(さらに…)