Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Archive for 2月, 2011

ユネスコ「国際母国語デー」

日 ,20/02/2011

ユネスコ「国際母国語デー(International Mother Language Day)」

UNESCOプレスリリース:http://www.unesco.org/bpi/pdf/motherlanguageday_ja.pdf

『毎年2月21日を「国際母国語の日」と定め、言語の多様性を尊重し、母国語の使用を推進することを宣言』とし、2008年度の同プレスリリースのなかで、松浦晃一郎ユネスコ事務局長は『国際母国語の日』に際して、「言語は、専門化の分析領域ではなく、社会や経済、文化生活の中核をなす問題です。それが今年、ユネスコが国際言語年に向けて掲げたスローガン『言語こそ重要』の意味なのです」と語っています。

昨年10月に、チベットでは学生による大規模な抗議行動が行われました。

(さらに…)

タシ・ドゥンドゥップ解放!

日 ,13/02/2011
タシ・ドゥンドゥップ(Tashi Dhondup)30歳、東チベット出身の人気シンガーはチベット独立とダライラマを支援する内容の歌詞を持つ曲を発表したために、“労働による再教育”15ヶ月の刑を受け、服役、14ヶ月めに釈放されました。
(さらに…)