Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Posts Tagged ‘nomad’

遊牧民ロンゲ・アダ釈放要請アクション

水 ,22/09/2010

チベットの遊牧民ロンゲ・アダの釈放 要請してくれるよう訴えてください。

チベット人、ロンゲ・アダ Runggye Adak [中国語: 荣杰阿扎 Rongjie Azha]年齢:55歳は、ダライ・ラマのチベット帰還を公然に訴え、刑務所での服役8年間を言い渡されました。 (さらに…)

チベット支援議員の国際会議からCOP15へ、公開要請

木 ,10/12/2009

コペンハーゲンの気候変動問題の解決に向けた会議に於けるチベットの役目についての公開要請書

協議参加国各位へ

コペンハーゲンで開かれる国連気候変動協議の場で北極と南極の次に多くの氷河化した水を貯蔵している、”地球第3極点”として知られるチベットにおける環境保全について真剣に協議をもたれることを訴えます。

気候変動の影響を緩和させるための多国間合意による政策は、チベットにおける環境保全も考慮するべきだと考えます。それは、チベット、特にそこに住む遊牧民が参加できるものでなければならないと考えます。

11月18日−19日、世界30カ国から集まった議員による第5回チベットのための国際議員会議が,ローマで執り行なわれました。気候変動に関する議題は会議の際に活発に議論された結果、会議は以下のような宣言を発表しました。
“第3極点として知られるチベット高原の環境汚染は、温室効果ガスの排出が原因で起きた気候変動と、中国政府の自然資源の誤った管理と営利優先の開発政策により確実に悪化しております。それはチベット人遊牧民の強制移住と定住化政策として行われており、彼等の伝統的な遊牧手法とチベット草原の管理から引き離すものとして具体化しています。チベット高原に於ける気候変動による影響を緩和しようとする政策は、アジアの何億という人々と生態系に直接影響を及ぼすため、当事者であるチベット人の経験とその関与は気候変動政策の実施を成功に導くための必要不可欠である。

さらに、議員による宣言は続きます。
”各国政府はチベットにおける気候変動の挑戦について、住民であるチベット人自身の直接参加を含んだ、多国間の協調により合意を生み出す必要がある。そのために、今会議の参加者はコペンハーゲンで行われる国連気候変動協議に先駆けて、第3極点としてのチベットの重要性を訴えるため公開書簡を作成し公表する。”

幸い、チベットにおける気候変動の影響は比較的良好に記録されています。それによると、高原の温度は他の地方と比べ早く上昇し、氷河の解凍は黒い岩や土を露出し、それによって太陽放射の吸収が高まり、温暖化が加速する。モンスーンの周期の変動によりチベットの大半が乾燥し砂漠化が進んでいる。中国政府の政策は遊牧民を強制的に移住させただけでなく、彼等が何千年にも渡り守って来た土地の管理手段をも喪失させ、これらの地域の気候変動を悪化させています。

中国にとって「最大の給水棟」として捉えられているチベット地域は下流10カ国に水を提供しています。長期的な視点に立てば、(チベットの)氷河の消滅は深刻な水不足を意味します。アジアに暮らす10億の人々の将来が、チベットの氷河と草原に依存していると言っても過言ではありません。これらの変化を一番感じているのはチベットの人々であると同時に、この問題の解決に非常に重要な役目を果たすことができます。
チベットは地球の気候変動問題の解決にとって中心的存在です。アジア全域に河川による水と、モンスーンによる水雨を提供するだけでなく、チベット草原を正常な状態を取り戻せたのなら、CO2吸収の受け皿となります。以上の観点から、私たちはこの会議に以下の要点を含む政策を考慮にいれるよう要請します。

1.チベット高原の生態系、水資源と土地利用の政策が、チベット高原に与える変化を、独立した国際科学者により調査する事。
科学者と、チベットの住民の代表、そしてチベットが提供する水資源に依存する国の国民が関与できるために、高原の状態についての正確な調査と分析を必要です。それによって、チベット高原の草原と森林の科学的な生態系の回復作業と、管理を含むこの地域に対する公平で継続的な気候変動の影響を緩和し対応する方策を生み出す事が出来るでしょう。

2.高原の自然資源の管理と決定権を総合的に行い、この決定にチベット人、特に遊牧民自身による参加を保証する。

チベットの遊牧民は、自身の放牧地である高原を何千年にもわたり管理して来ました。彼等の経験は生態系に対する変化を知る上で重要なだけでなく、 土地の浸食や砂漠化といった兆しを知るうえでも大変重要です。残念なことに政府の政策は、この必要不可欠な人材資源を無視し、代わりに砂漠化を防ぐためとした誤った政策により、遊牧民を草原から追いやりました。このことは反対に、科学的根拠に基づく遊牧民の生態系管理が、すでに退化した生態系を修復する助けとなることを証明しています。

3.多国間の協調により、チベット地域の当事者の代表を含む、チベット高原の水資源管理に対する決定権のあり方を推進する。
そのような多国間協力は、気候変動に対する緩和政策の効果を高め、公平な対応戦略を生み出し,水資源を原因とした紛争に発展する危険を回避します。中国における環境保全の成功が、地球の気候変動問題の解決に向けての対策を成功に導く重要な鍵であるように、チベットもまた、中国の環境保全の対策の成功の鍵であると言えましょう。今協議委員会においては特に遊牧民を含んだ、チベットの代表を含む気候変動対策を保証されることを要請する。この政策は20億人以上の人々の生活が依存する、チベット高原の水資源、森林や草原資源と、その生態系を理解し緩和させ、適応していく上で必要であり、また近隣諸国の安定と安全を守るために必要な努力である。

チベットのための国際議員ネットワークを代表して

Matteo Mecacci, MP, President of the Parliamentary Intergroup on Tibet, Italy(イタリア)

Consiglio Di Nino, Senator, President of the Foreign Affairs Committee, Canada(カナダ)

Birgitta Jonsdottir, MP, President of the Parliamentary Intergroup on Tibet, Iceland(アイスランド)

Peter Slipper, MP, Former Deputy Minister, Australia(オーストラリア)

チベット第3極点 国連気候変動協議(COP15)

日 ,06/12/2009

チベット第3極点ウェブサイト リニューアル

キャンペーンウェブサイトが新しくなって再作動しました。http://www.tibetthirdpole.org

サイトは以下の新しいコンテンツを含みます。

* チベットにおける気候変動の影響の詳細

* 気候変動についての最新ニュース(チベットに関わる)

* チベットの中国人責任者に向けた緊急アクション

(アクションの内容を日本語で読む)

* スライドショーやビデオ

* 環境問題に関わりのあった政治囚の詳細

ブログではコペンハーゲンでキャンペーンを展開するチベット第3極点チームの様子をフォローすることができます。このウェブサイトとチベット第3極点運動をどしどし、ご紹介ください。

(さらに…)

チベット第3極点運動とCOP15

金 ,04/12/2009

国連気候変動協議を10日後に控え、この協議に対する関心が高まっていることへのニュースとして中国温家宝首相と米国オバマ大統領の参加表明がありました。

チベット第3極点運動ウェブサイト リニューアル www.tibetthirdpole.org

新しくなったウェブサイトが立ち上がります。同ウェブサイトでは緊急アクションの紹介や(以下参考),写真のスライドショー環境問題に取り組んでいた政治囚の詳細、COP15開催中に参加団体代表らによって随時更新される予定のビデオストリームやブログページが設けてあります。 (さらに…)