Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Posts Tagged ‘Panchen Lama’

パンチェン・ラマを返してください!

月 ,09/05/2011
missing panchen Lama jp

パンチェン・ラマを返してください!

「パンチェン・ラマはどこに?」このポスターはクリックするとダウンロードできます。どうぞ、プリントして街頭ビラとしてご活用ください。

ゲンドゥン・チューキ・ニーマ、チベットのパンチェン ラマ11世は、16年近く行方不明です。

1995年5月、パンチェン・ラマ11世として転生者(生まれ変わり)を公式に承認された数ヶ月後に、中国当局によって拉致されて以降、消息が不明です。ゲンドゥンはその時、たった6才でした。今年2011年4月25日で22歳の誕生日を迎えた彼は、当局の拘束下で15回目の誕生日を向かえたことになります。以下は国際チベットネットワークに参加する複数の団体が運営する、Free the Panchen Lamaサイトの要請文です。同意される方は署名にご協力下さい!

署名する:http://org2.democracyinaction.org/o/5380/p/dia/action/public/?action_KEY=6462

要請文(英語)の下のボックスにメールアドレスを記入するだけで簡単に署名することができます。

中国共産党中央統一戦線工作部、杜青林部長に宛てた署名アクション

中国共産党中央統一戦線工作部、杜青林部長

ゲンドゥン・チューキ ・ニーマ、パンチェン・ラマ11世とその家族は16年間、行方不明のままです。今年、パンチェン・ラマは22歳の誕生日を迎えられました。チベット人とその支援者、そして世界中の仏教徒は彼の消息について深い関心を寄せています。

2010年3月、中国政府の任命したチベット自治区、Padma Choling知事は「ゲンドゥン チューキ ニーマと彼の家族はチベットで普通の民として暮らしている」(1)と発言しています。証拠に裏付けされない発言は意味をもちません。この発言が真実であることを証明してくれるよう要請します。

国連拷問禁止委員会、国連子供の権利委員会、信教と宗教の自由に関する調査官ら、複数の国際人権機関からパンチェン・ラマの消息を明らかにするように再三の要請がありました。

私達は以下に連名で中国政府に対しパンチェン・ラマの消息情報を極秘扱いとすることを速やかにとりやめ、彼と彼の家族の居場所を公表し、先出の発言の真偽を証明するよう要請します。

(1). Padma Choling, Chairman of the Tibet Autonomous Region: ‘Dalai-picked ‘Panchen’ Lives Normal Life’ (Xinhua) 2010-03-07 http://www.chinadaily.com.cn/china/2010-03/07/content_9550348.htm

 

パンチェン・ラマ6歳(拉致時)から22歳(現在)まで
 

在英アーティストが法医学専門家と協力して6歳の時のパンチェン・ラマの写真を元に、現在の歳までの変化を写真作成することに成功しました。ここには、私達が未だ見ることのできない、とても、高貴な青年の顔があります。
Free Panchen Lama ! パンチェン・ラマを返してください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パンチェンラマ11世、21才の誕生日

火 ,06/04/2010

4月25日はゲンドゥン チューキ ニーマ、パンチェンラマ11世の21才の誕生日です

ゲンドゥン チューキ ニーマ青年に誕生日のお祝いを送りませんか?

世界中で起きている世界最年少の政治囚 パンチェンラマ解放運動の様子

I Love the Panchen Lamahttp://ihearttibet.org/?page_id=243

iheartibet サイトに新しくパンチェンラマのページができました。上のリンクをクッリクすると自動的にサイトへ行くことができます。このページでは、パンチェンラマについての背景資料と Sonam Tashiによるミュージック ビデオ、ウーセルWoeser によるパンチェンラマへの忠誠を詠った詩(High Peaks, Pure Earthに掲載された英語訳)、メッセージやビデオが投稿できる掲示版、そして中央統一戦線工作部、杜青林部長へ緊急アクションが含まれています。

ゲンドゥン チューキ ニーマ青年、パンチェンラマ11世解放要請、緊急メールアクション 中央統一戦線工作部、杜青林部長あてはここをクリック!

パンチェンラマにバースデーカードを送ろう:

中央統一戦線工作部、杜青林部長を通してゲンドゥン チューキ ニマに誕生日カードを送りませんか?

以下のひな形を参考にしてください。

手紙ひな形(日本語)

拝啓、杜青林部長

ゲンドゥン チューキ ニーマ、チベットのパンチェンラマ11世は2010年4月25日で21才の誕生日を迎えます。

彼と彼の家族はゲンドゥンが未だ6才だった1995年5月に中国当局によって拉致されて以降、消息が不明です。

彼の所在と現状に対する、諸外国の外交官や国連関係所管からの再三の要請にも関わらず、15年間、ゲンドゥンと、その家族に独立した機関からのコンタクトは許可されていません。

先日、チベット自治区、Padma Choling知事の発言で「私達の知る限りでは、彼と彼の家族はチベットで大変良い暮らしをしている」とありました。

この発言の真偽を証明するためゲンドゥン チューキ ニーマの現状に対する独立機関の専門家による調査を許可し、彼と彼の家族が自由に行きたい所へ渡航できるようにされることを要請します。

そして、ゲンドゥンの21才の誕生日を記念して、このお祝いを必ず彼の手元に届けることを重ねて要請します。

『ゲンドゥン チューキ ニーマ、チベットのパンチェン ラマ11世。

21才のお誕生日おめでとうございます。

あなたが自由になる日を想い、絶えず、あなたのことをお慕いしています。』

手紙ひな形(中国語)

杜青林 部長閣下:

第十一世班禪喇嘛根頓確吉尼瑪於今年4月25日將已21歲。1995年5月,在他才六歲時,他和其家人遭中國當局強行帶走,從此失蹤。

儘管聯合國代表,以及各國外交官員曾經無數要求了解他的行蹤及近況,但,十五年來,根頓確吉尼瑪和他的家人完全和外界隔絕,音信全無。

第十一世班禪喇嘛根頓確吉尼瑪,祝您21歲生日快樂!我們的心經常與您同在,我們期盼見到您自由!

手紙ひな形 (英語)

Dear Minister, Gedhun Choekyi Nyima, Tibet’s 11th Panchen Lama, will turn 21 on April 25th 2010. He and his family have been missing since the Chinese authorities abducted them in May 1995, when Gedhun was just six years old. Despite numerous requests by foreign diplomats and United Nations representatives for verification of his well-being and whereabouts, no independent access has been given to Gedhun or his family for almost 15 years.

Most recently Padma Choling, Governor of the Tibet Autonomous Region, stated “As far as I know, his family and he are now living a very good life in Tibet”. To verify this statement, we call on you to allow an independent expert to visit and confirm the wellbeing of Gedhun Choekyi Nyima and also to verify that he and his family are free to travel wherever they wish.

We also urge you to deliver the following birthday message to Gedhun on the occasion of his 21st birthday. “21st Birthday Greetings to you, Gedhun Choekyi Nyima, 11th Panchen Lama of Tibet. Our thoughts are often with you and we long to see you free.”

宛て先

中国共産党中央統一戦線工作部、杜青林部長

Minister Du Qinglin

United Front Work Department

135 Fuyou Road

Xicheng District

Beijing Municipality 100800

People’s Republic of China

ITSNでは中央統一戦線工作部がゲンドゥンの家族とコンタクトをもっていると信じます。