Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Posts Tagged ‘Tenzin Delek Rinpoche’

遊牧民ロンゲ・アダ釈放要請アクション

水 ,22/09/2010

チベットの遊牧民ロンゲ・アダの釈放 要請してくれるよう訴えてください。

チベット人、ロンゲ・アダ Runggye Adak [中国語: 荣杰阿扎 Rongjie Azha]年齢:55歳は、ダライ・ラマのチベット帰還を公然に訴え、刑務所での服役8年間を言い渡されました。 (さらに…)

緊急プレスリリース : テンジン・デレッグ・リンポチェ

木 ,17/06/2010

緊急プレスリリース

2010年6月16日

無実の高僧テンジン・デレッグ・リンポチェの解放を求めて世界中で、チベット支援者による4万筆の署名を提出

“罠にかけられた”獄中の宗教指導者テンジン・デレッグ・リンポチェ師、高血圧と心臓病による病状が悪化、健康状態が最悪に。 (さらに…)

2010年3月10日:チベット民族蜂起から51年記念日

月 ,01/03/2010

今年の3月10日は1959年チベット民族蜂起から51年記念日、2008年蜂起から2年目の記念日となりますが、日本でも各地で様々なアクションやイベントが予定されているようですね。ITSN(インターナショナル チベット 支援ネットワーク)からのメッセージを転送させていただきます。

1. テンジンレデグリンポチェ解放運動

敬愛する高僧の再審を求めてリテンの4万人ものチベット人が、昨年12月に署名した嘆願運動の一層強化を要請します。現在オンライン署名は4000筆集まりました。各国の支援団体が協力して同署名アクションを紹介し、各自の目標数を決めて署名運動を展開しています。先週、米ICT本部からはウェブサイトから“Free Tibetan Heroes”サイトへリンクで誘導し、アクションを紹介するとともに、6万人に紙署名の用紙が送り届けられました。

世界中の支援団体が一致団結してこの運動を強化する事で、チベット本土のチベット人に可能だった4万筆と同数の署名を集める事が出来ると信じます。著名アクションを広めるために、なにとぞ、ご協力下さい。皆様のウェブサイトやブログにアクションのリンクを加えてくださるようおねがいします。

3月10日に行われる抗議行動、マーチ、議員/議会運動や支援者との集まりでの場でぜひ署名参加を呼びかけ下さい。

* オンライン署名 : http://www.freetibetanheroes.org/home.php/profiles/tenzin-delek-rinpoche/petition

* 紙署名:日本語版紙署名はこちらからダウンロードできます。http://freetibet.holy.jp/2010/01/テンジン-デレグ-リンポチェ-釈放要請/)

* ウェブ用バナー : http://www.freetibetanheroes.org/home.php/profiles/tenzin-delek-rinpoche/tdr-web-banner-code

2. 代表議員に働きかける:資料と「議員への質問」の要点

3月10日は政府の関係者にチベットのための具体的な行動を要請する絶好の機会です。代表議員に面会し直にチベットのための効果的な行動を要請する事を強くお進めします。法王様とオバマ大統領の会見に続いて世界中の支援団体によるダライラマと胡 錦濤の会談を実現させるための具体的な要請を各支援団体から行ってください。


* 以下の資料が用意できました:2010年3月チベットについて議員へお願いシート

このシートは議員用の「チベットについてのお願い」の手紙です。文中の赤字のテキストを各自編集して印刷してお使いください。

議員へお願いシートをダウンロードする

* 議会/議員に働きかけるガイドライン(2010年改新)最新板の政府と議員に要請する項目要点のまとめ。ダライラマ法王と主席の会談実現要請、北京大使館のチベット局設立とチベット人政治囚についての啓蒙項目を含む。(日本語訳は近日中に公開予定)
現在、2カ国アメリカとイギリスで国会一斉同時行動が予定されています。


3. チベット国旗掲揚:

3月10日のチベット国旗掲揚は欧州大陸で活発ですが、近年ではSFTインドによる「国旗掲揚キャンペーン」が中心になり2008年3月以降のチベットで掲げられた多くのチベット国旗に敬意を表する運動が展開されて来ました。皆様の支援団体でも公共の建物やビル、施設でチベット国旗を掲揚する事で一般市民の理解を支援を促し、また中国のソフトパワーへの抵抗となります(中国による教育、文化に対する政治的影響;例、大学や映画祭等)

ロサルのメッセージとアクションの紹介

火 ,09/02/2010

SFT 本部の代表ら、若いチベット人のメッセージと、チベットの新年ロサルにできるアクションを、ご紹介します。

ぜひ、ご参加ください。

SFT 本部の Tendor Dorjee とLhadon Tethongのロサル メッセージ

「チベットはロサルを迎えますー2010年2月14日はチベットの暦では2137年、庚寅(かのえとら)年のはじまりです。
ロサルは変化、希望と改新の期を意味します。この日、私達は私達の歴史、私達の文化、私達の宗教そして、未来を祝福したいと思います。なぜなら私達の歴史は偉大であり、文化は美しく、宗教は尊く、現在の苦しみにも拘らず、私達の未来は輝いているからです。

2008年のチベット本土の地域、全てに起こった蜂起行動後、私達は中国の支配下で増加する受刑者、拷問や死亡する同胞達を目撃して来ました。
そのため、世界中のチベット人が連帯し、昨年のロサルを祝う事を取りやめたのです。
今年、多くのチベット人は、ある一つの目的のためだけにロサルの日を見守ります。
それは、私達はチベット人だからという理由からです。
私達のアイデンティティーと魂を強くするために、チベット語を話し,チベットの民族衣装に身を包みチベットの習慣をまもりたいと思います。
それは私達に新たな勇気と困難を乗り越える機会を与えてくれることでしょう。家族や友人とともにロサルを迎え幸せを分かち合う事は、自由を求めるための運動に苦しみと同じくらいに必要なのです。

長い被占領の歴史を通して,一つ明らかなことがあります。それは、支配者は暴力によって潰すことのできないチベット人の魂を羨んでいるということです。
今年、世界中のチベット人はロサルを見守るという行為から、このチベット人の魂を養いたいと思います。

この文化的に重要な習慣を迎えるにあたって、私達からチベット人とその支援者にお願いがあります。中国政府の違法な占領下にあるチベットに暮らすチベット人達による絶える事の無い抵抗を続ける勇気を称え、2月14日にバターランプやロウソクを灯し、祭壇や窓際に供えてください。」

ロサル アクションの例、一覧(運動編);


来るダライラマ法王との会談でチベットの被占領に終止符を打つための具体的な進展をもたらすことを要請します。
絵はがき、手紙、テンプレは こちらからダウンロードできます。各自プリントしてロサルのイベント等(下記参照)で支援者に配布するか、手渡ししてください。絵はがきは現在英語、フランス語、日本語、スペイン語、とドイツ語でも用意されています。
中国、旧正月のお祝いとともに、チベットに対する政策を新年から変えるよう要請します。

中華人民共和国駐日本国特命全権大使
崔 天 凱大使

住所:〒106―0046
東京都港区元麻布3―4―33
代表電話: 03-3403-3388
オペレーター:内線8100

メールアドレス:info@china-embassy.or.jp

地方の駐日 中国総領事館のご案内はこちらから


– 一般支援者に向けてテンジンデレグリンポチェ釈放署名に協力を求めてください。
紙署名シートはこちらからダウンロード出来ます。
-『 支援者にランゼンブレスレットの着用を呼びかける』

– 『ロサル野外イベント』で中国支配に抵抗を続けるチベっと人の勇気をたたえバターランプやロウソクを灯す。その際、ロサルアクション絵はがきの配布、テンジンデレグ署名を同時に呼びかけてください。
“I love Tibet”“Losar because I love Tibet” “Losar because I am Tibetan”のプラカード テンプレとポスターも、それぞれをクリックしてダウンロードしてください。


ロサル アクションの例、一覧(文化編);


– 2010年への改新と希望をを招き入れるためにカタを入り口のドアに掛ける。

– ダライラマの写真を飾る。チベット本土のチベット人は許されないからです。

– チベット新年の食事会の催し。英語ですが伝統的なチベットの食事、モモ, thenthuk スープ, balep korkun パン やバター茶等の作り方のサイト;http://asiarecipe.com/tibveg.html

– 新年の踊りや音楽等の野外イベント。その際にアクション絵はがき配布、署名参加をお忘れなく


– タンカに新年の希望のメッセージを書きダラムサラに送る。Windhorse_Template1
色の違う紙にプリントして、その裏面にメッセージを書いてITSNのアジア支局事務所までお送りください。

送り先;ITSN Asia Regional Coordinator, Jogiwara Road, P.O. Mcleod Ganj – 176 219, Distt Kangra, Dharamsala, H.P. INDIA)

ダラムサラでは、支援者からのメッセージとして送られたタンカを象徴的な場所に飾り、写真に収める予定です。














テンジン デレグ リンポチェ 釈放要請

土 ,23/01/2010

テンジンデレグリンポチェの新しい署名アクションが政治囚キャンペーンサイトthe Free Tibetan Heroesにて公開されました。

このオンライン署名アクションでは、署名をすると記載した署名の横に、赤い朱肉による拇印を真似たデザインが表れます。

これはチベットのリテンでテンジンデレグリンポチェの再審を求めて、現地チベット人4万人が署名した嘆願書を真似ています。本土のチベット人の必死の行動を応援するために,3月10日までに同数の4万の署名を集めるアクションにご協力ください。

(さらに…)

テンジンデレクリンポチェ釈放要請に対する緊急声明

木 ,10/12/2009

TDR1ITN(国際チベット支援ネットワーク)政治囚ワーキング グループによる緊急声明の日本語訳です。

緊急発表

2009年12月9日 (さらに…)

テンジン・デレク・リンポチェに関する最新情報

金 ,04/12/2009

card_ページ_1

政治囚キャンペーン http://www.freetibetanheroes.org

テンジン・デレク・リンポチェは四川省、綿陽の綿陽刑務所 Mianyang Prison に移動されました。(http://www.scmyjy.gov.cn).

いつ移動されたかは、わかっていません。彼は以前、重庆刑務所Chuandong prisonで拘束されていました。複数の情報筋からテンジン・デレク・リンポチェの体調が悪いこと、血圧が高く心臓と足に問題を抱えている報告が届けられています。毎日の投薬は許されていますが、彼の望むチベット医療薬は拒否されています。彼の裁判が始まる前に、多くの拷問を体験したため、現在では拷問は受けていないけれど、刑務所の貧しい環境に、苦しんでいる様子が報告されています。彼は、面会に来た人に“犯罪を犯したとして問われた罪のどれにも否認しており、無実の罪で投獄されている”と語っています。

救出キャンペーン用ハガキPDFをダウンロードしてお使いください! (さらに…)