Free Tibet Japan Home
チベットに自由と人権を!

Posts Tagged ‘Uyghurs’

日本ウイグル協会主催レセプションのご案内

木 ,13/05/2010

以下のように、ウイグルの母と称されるラビア・カーディルさんを招いて開催される「日本ウイグル協会主催レセプション」の招待をいただきましたので、紹介します!


各位

拝啓

惜春の候、皆様ご健勝の事とお慶び申し上げます。
また、日頃より私ども日本ウイグル協会の活動へのご支援、誠に有難うございます。

さて、この度、当協会の上部団体であります世界ウイグル会議より、
総裁のラビア・カーディル、副総裁セイット・トムトルコ、事務総長ドルクンエイサ
の三氏が来日する運びとなりました。
21日に記者会見、22日に東京にてシンポジウム、23日に大阪にてシンポジウムを

開催する予定です。

それに先立ちまして21日夕、日本にてウイグルの問題に関心を持たれ、その解決にむけ
ご助力を賜って頂いて居ります皆様方と、ラビア氏ら三氏との懇談の場として、レセプションを
開催させて頂きたく、ご案内申し上げます。

皆様のご参加を心よりお願い申し上げます。

敬具

*既にご案内を差し上げていて、再びこのメールが届きました方にはご迷惑をおかけします。
周囲のお知り合いの方などを、レセプションにお誘い頂ければ深甚に存じます。
何卒よろしくお願いいたします。

日本ウイグル協会主催レセプション

【日時】 2010年 5月 21日 金曜日 19:00より

【場所】 東京・九段 九段会館 2階 鳳凰の間
東京都千代田区九段南1−6−5
電話 03−3261−5521
地下鉄東西線・新宿線・半蔵門線「九段下」より徒歩1分

【会費】 9000円

【お申込み】
協会メールアドレス(info@uyghur-j.org)または電話(080-3248-3463)宛に、
お名前・ご住所・お電話番号・ご所属の団体又は企業名を明記の上、
5月19日までにお申し込み下さい。

お知り合いの方でご参加頂ける方がいましたら同様に、
お名前・ご住所・お電話番号・ご所属の団体又は企業名を明記してご連絡ください。

以上

カンボジア国連難民事務所のウイグル人;中国に強制送還

日 ,20/12/2009

カンボジアの首都プノンペンの国連難民高等弁務官事務所(UN HCR)で亡命申請していた22人(子供2人を含む)のウイグル人 のうちの20人が中国の特別機によりプノンペン国際空港より送還されたとの報告が現地より入りました。

特別機には行き先の提示がなく、20人のウイグル人がどこに連行されたかも、明らかになっていません。

ヒューマンライツ ウォッチアムネスティ・インターナショナル など国際人権団体はカンボジア政府に対し、22人が送還されれば、中国新疆ウイグル自治区ウルムチで7月に起きた暴動に絡み 迫害されるとし、送還しないよう求めてきました。中国政府はウイグ ル自治区で起きた先頃の抗議行動に加担したとして,すでに9名のウイグル人を処刑しており、その他5名に死刑の宣告をしています。

亡命申請者のうち1人は、暴動の際に写真やビデオ映像を外国報 道機関に提供したと話し、中国に送還されれば無期懲役か死刑になると恐れており、22人のグループはキリスト教系団体の地下組織の手助けにより中国南部からベトナム経由でカンボジアに密入国し亡命申請を行っていました。
申請に関し、カンボジア国連難民高等弁務官事務所ではアメリカ ウイグル協会との間で、亡命者らの処置について第3国の受け入れ先を含めてネゴシエイトしていた矢先の報告に、ショックを受けているとのことです。

先日、日本を訪問していた中国、周近平副主席がカンボジア 入りする直前に、国際法で定められている、生命や自由が脅かされかねない人々への「追放及び送還の禁止」原則に反する決定に対して、 在日本カンボジア大使に抗議をお送りください。
同様の抗議を在カンボジア日本大使からも、カンボジア政府に抗議するよう求めてください。

そして、20人全員の即時釈放と、連行先を明らかにするよう中国政府に求めるため中国大使館に抗議を行ってください。

以下は、カンボジアのクメールゼイションの取材で身元を公表する事に同意した4名のウイグル人亡命志願者の詳細です。

  • Mutellip Mamut            1980年7月10日生まれ
  • Islam Urayim              1980年7月16日生まれ
  • Hazirti ali Umar             1990年6月7日生まれ
  • Aikebaierjiang Tuniyazi 1982年2月13日生まれ

抗議先;詳細

map

駐日、カンボジア大使館

特命全権大使:ハオ・モニラット 閣下. His Excellency Mr.HOR Monirath

在カンボジア日本大使館;黒木雅文大使

◆所在地:No.194, Moha Vithei Preah Norodom, Sangkat Tonle Bassac, Khan Chamkar Mon, Phnom Penh, Cambodia
◆郵便物宛先:P.O. Box 21, Phnom Penh, Cambodia
◆電話番号:023-217161~4(国番号:855)
◆FAX:023-216162(国番号:855)
◆メール:security.eojc@online.com.kh

駐英カンボジア大使館;

UK; Write to ; His Excellency Mr Hor Nambora
Ambassador of Cambodia
The Royal Embassy of Cambodia
64 Brondesbury Park
Willesden Green
London NW6 7AT
Tel. 020-8451 7850
Fax. 020-8451 7594

cambodiaevisa@mfaic.gov.kh(This address is used for a visa application, please insert ”Urgent attenttion for Uyghures in Phnom Penh”in the subject)

駐米カンボジア大使館

US;Write to ; His Excellency Mr. HEM, HENG http://www.embassyofcambodia.org/contact.htm

The Royal Embassy of Cambodia
Ambassador of Cambodia
4530 16th Street, NW
Washington, DC 20011
Telephone Number: 202.726.7742; 202-726-7824; 202-726-8268
Fax Number: 202.726.8381
email; cambodian_embassydc@hotmail.com

駐日、中国大使館中国大使館マップ

中華人民共和国駐日本国特命全権大使
崔 天 凱大使

住所:〒106―0046
東京都港区元麻布3―4―33
代表電話: 03-3403-3388
オペレーター:内線8100

メールアドレス:info@china-embassy.or.jp

地方の駐日 中国総領事館のご案内はこちらから

参考記事;

ウイグル団体リンク

Japan Uyghur Association 日本ウイグル協会
Radio Free Uyghur Japan ラジオフリーウイグルジャパン